日給に関する誤解に気を付けよう

日給と言うと、働いたその日に給料がもらえるイメージがあります。

日給に関する誤解に気を付けよう

日給に関する誤解に気を付けよう 日給と言うと、働いたその日に給料がもらえるイメージがあります。そういった会社もあるのですが、その日にもらえないこともあるので注意しましょう。日給とは給料の締日が1日ということです。言い換えれば、1日単位で給料が計算されています。ですから働いたその日にお金がもらえることではありません。1日当たりで計算されて、1週間ごとに給料がもらえる会社もあります。

日給と書いてあっても、もらえるのは次の日になることもあります。例えば銀行振り込みの会社だったら、当日よりも次の日になることが多いでしょう。1ヶ月まとめて支払う所もあります。確実なのは即日払いと書いてあるアルバイトです。それなら働いたその日に報酬を受けることができます。どうしてもお金が緊急に必要な場合は、日給制ではなく、即日払いのアルバイトを探しましょう。

即日払いのアルバイトでも日給制と募集要項に書いてあることもあります。そういった場合は混乱してしまうので、募集をしている会社に問い合わせてみるのが一番良い方法です。給与の支払い方については募集要項に詳しく書いていない会社が意外に多くあります。勘違いしないことと、気になったら自分で問い合わせをすることが大切になります。